スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はい!読書感想文だぶーん。

ちゃ!

さっそく!

今回の本はー(・∀・)

31718999.jpg

森絵都さんの『風に舞いあがるビニールシート』


森絵都さんは、『DIVE!!』っていう飛び込みをする男の子達の小説で有名ですが、私は青春物ってちょっと苦手でして…

だからちょっと前に流行ったあさのあつこさんの『バッテリー』もだめでした><

多分佐藤多佳子さんの『一瞬の風になれ』も駅伝かなんかの話だったと思うので合わないだろうなと思って読んでません。

この『風に舞いあがるビニールシート』は一応恋愛にまつわる短編集って感じですかね。

角田光代さんに通じるとこもあり、強い大人の女性が主人公の6編です。

全部とても良い作品(うろ覚え)だったんですが、中でも表題になっている『風に舞いあがるビニールシート』がとてもよかったです。


~(あんまり参考にならない)あらすじ~

主人公の里佳の夫で上司のエドは、内戦で混乱する遠い地、アフガンの現場で難民事業に携わっている。

二人は相思相愛で結婚したが、エドはほとんど日本にいることもなく、里佳はいつも日本からエドが生きて帰ってくるようにと待ちぼうけの不安な日々をすごす。


里佳は「もっと一緒にいたい」と言うが、エドはそれに対して「それでも今も風に舞いあがるビニールシートは後を絶たないんだ」とか答える。(うろ覚えでスミマセン)

ビニールシートとは、内戦の地で紛争に巻き込まれて死んでいく小さな命たちのことである。

一生懸命、石で四隅を止めても、ちょっとした風が吹けばいとも簡単に吹き飛んでしまう命。

それが後を絶たない現状をエドは知ってしまった。もう平和な日本にじっとしてはいられない。

彼にとってアフガンの地で働き命を守ることは使命だったのだろう。

しかし、そんなの新婚でもっと愛する人と一緒にいたいと願う里佳にはそれが障害でしかなかったのだ。

そして二人は考えの違いから離婚してしまう。すると、里佳のもとに、エドがアフガンで死んだという知らせが届く…。


と、いうようなちょっと重たい話だったと覚えています。


ねーーー。



どっちの気持ちも分かる。分かるんだけど、どっちも切ない。

日本に帰ってくると、エドはこれでもかーってくらい里佳を愛してあげるし、里佳も部屋を綺麗にして美味しいものそろえてエドを今か今かと待ってるんだよ。

だけどエドの頭はいつもアフガンの地で罪もないのに消えていく命のことばかり。

そりゃー「どっちが大事なのよ」と言いたくもなるよ。言いたくもなるけど、言っちゃいけないんだよ。

むずかしいよね~。切なくて儚いわー。


恋愛についても考えさせられたけど、やっぱりボランティアとかそういうのについても考えさせられました。

いやー。難しいことなのでへたに言えませんが、やっぱりボランティアとかができるのってうちら日本人の生活が豊かな証拠だよね。

エコとか地球温暖化を防ごう!とか言ってるのもそう。

生活にほんとに窮してる人は自分のことでいっぱいいっぱいだもの。そんなこと気にかけている余裕もないっしょ。

アジアの中でもまだまだ電気、水道なんてない地域たくさんあるし、その人達に省エネしろとは言えないよね。

豊かなところから恵まれないところへお金や援助物資が流れていくことはとても良いことだと思う。国とか世界単位では。

でも、一言いえるのは、ボランティアって強要されてするもんじゃないよね。

その人が自ら進んでやっているという、自己満足でしかないんだから。


森博嗣さんが、街頭で募金を募るボランティアについて、「本当に人や何かのためにボランティアをしたいなら、街頭に突っ立ってないで一日しっかり働いて、それを募金すればいい」とか、そんなようなことを話していた覚えがある。

確かに、街頭で募金集めている人たちって必死そうに訴えてはいるけど、すごい暇そうだなーと思うことがある。きっと、こんな活動をしている私ってステキ!人のために無償でお金を集めている私ってなんて良い人!って思ってるんだろうなー。(じゃなきゃやってられないと思う)


なんかシニカルな意見になってしまいましたが、去年のちょうど今頃、私利き手のひとさし指を骨折して出費はかさむし、バイトもできないし、一人で家でじとっとしてた時期があるんですけど、そん時、突然インターホンが鳴り、誰だんべ、と不用意に出てしまった結果、ボランティアを強要された経験があるのです。

こちとら骨折してギブスでお金もないから家にいたのに、突然やってきた訪問者は「ベラルーシの原発事故で今も苦しむ人達を救うべくこれを買え」っていうんですよ。


変なマトリョーシカのストラップを1000円で買っちゃいましたよ。



片言の日本語で話す留学生の女の子でね。こんな寒い日に素手でね、近辺のアパートを歩き回って頑張ってるんだろうなぁと思ったし。

何よりこの「お前の優しさを今量ってんだぞ」感というのが無理だった。


結局私もお人よしだったんですよ。

その後なんだかものすごく自分がむなしくなって泣きましたよ。


(つД`;)




まぁ話は脱線しましたが、何が言いたかったかというと、誰かのために自分の命を顧みず行動することを私は非難もしないし擁護もしない。って感じですかね。

それはその人の生き方であって、他人にもそうすべきだと勧めるのはいかがなものかということです。


難しいけどね。


本はこの「風に舞いあがるビニールシート」以外にも内容の濃い作品が入ってるので是非興味のある方は読んでみてくださいねー♪

スポンサーサイト

theme : (´-ω-)
genre : 日記

12 | 2009/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

なつみ

Author:なつみ
社会人ってなに。私は純日本人よ。
プロフィール作りますた。見てみてちょろーん。

お友達少ないんで相互リンク大歓迎です!!!
コメントもいっぱいくで!!!コメント!!くで!!!!
あとメールもくで↓
fools_goldv_v乳毛msn.com
乳毛を@に変えてポチっとな!!!!!!

趣味で本棚作ったよ~(´ω`)
共同運営ブログ→音風呂参加してます♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
おすすめ記事♪
FC2カウンター
にゃらん
『じゃらん』のねこ。にゃらん。 萌えぇ~(´ω`*)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
懲りずに参加中♪

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ぶったね!!二度もぶった!!!親父にもぶたれたことないのニィー!! 愛をくれるみなさまデス☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。